ここのえブログ

ヒュギエイアの壺さといのオアシス

GWのオーガニックカフェここのえの様子

2019/04/27

AGRICULTURE SIDE

2019/04/27NEW

GWのオーガニックカフェここのえの様子

始まったばかりのGW、皆様いかがお過ごしでしょうか?

戸隠のゴールデンウィークの天気は、吹雪の冬模様あり、春の陽気あり、でバラエティーに富んでいます^^

連日オーガニックカフェここのえにも、県内外からお客様がいらしてくださっています。

ご予約をいただいたり、飛び入りでご来店くださったり。大変ありがたいです。


ヴィーガンが浸透してきた?!インバウンドの波?



これまでのところGWでお越しいただいたお客様に共通していたのは、ヴィーガンということ。

正直、私たちがびっくりでした。

「長野市街地にヴィーガンのお店がなくて、、、」

「私たちヴィーガンなので、宿泊先の飯綱から歩いてきました」

「魚醤も食べたくないです。完全ヴィーガンでお願いします」

等々。

しかも、お客様のほとんどが海外からの方。もしくは、パートナーのどちらかが外国の方でした。

意図せず、インバウンドの波が、ここのえにきております。(笑)


お食事を通して私たちが伝えたいこと



お客様から「美味しかったです!ヴィーガンのお食事、助かりました。」と帰り際にお声掛けをいただき、私たちも作り手冥利に尽きます。

最近お越しいただいたヴィーガン以外のお客様からもこんな言葉をいただいております。

「細胞に染み渡る味でした」

「料理を食べながら初めての感覚」

「普段は早食いだけれど、気がついたらしっかり味わうために、ゆっくり食べていました」

「目の前の料理を五感で楽しみながら食べている事に気づかされました」

「しっかり味わって食べたくなる料理で、すごく美味しかったです」

「ご夫婦の想いが見えた気がしました」

「普段は肉ばかりなのですが、1つのプレートで色々野菜が網羅されていて、健康的で満足しました」

「野菜1つ1つが、ちゃんと際立ち、それぞれの味がしました」

「ヴィーガンとかベジタリアン、自然食って、食べてて飽きることがあるけれど、ここのは違う!」

どの言葉も、私たちに強く響きました。

私たちが目指していることを、お食事を召し上がったお客様が感じ、言葉に出してくださいました。

お食事を通して、私たちの想いが伝わっているのは、本当に感無量です。

これからも日々、驕ることなく、精進して参ります。

IMG_8785b.jpg

↑オーガニックカフェここのえのお食事メニュー、花豆のベジタコライスです。
サイドディッシュ(付け合わせ)は季節のもので常時3-5種類。
画像のサイドディッシュは、キャロットラペ&姫くるみ、大根のkombucha漬け、燻製キノコ、根菜チップス等。
GW中は、これに行者ニンニクの醤油麹をプラスでお付けしています。


尚、これからのGWの営業は、3日と5日になります。
営業日のご確認はこちらから→https://togakushikokonoe.com/cafe/

引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

SHARE
ここのえキッチン 水谷 江希

ここのえキッチン水谷 江希

戸隠の農家民泊と農カフェのキッチン担当、時々おかみ。自家菜園や地域の安心安全・新鮮な旬の野菜を使い、心と身体に優しく、リセットする植物性中心のお食事を提供させていただいております。自家製発酵食品や伝統食も勉強中しながら実践中。このブログでは、食と健康に関する内容を掲載しています。

ここのえ

〒381-4102
長野県長野市戸隠
豊岡327

TEL.070-2794-0693