ここのえブログ

地に響くEARTH RESONANCE

天然資源で生命を強化する

2020/11/06

MACROBIOTIC SIDE

2020/11/062020:11:06:12:34:18

天然資源で生命を強化する

本編に入る前に告知です。

11月21日(土)実験的なヒーリングコンサート「超絶振動空間 -Genome RE:Design-」を開催します。

クリスタルボウル × メガゴング × 声明・法話》 演奏家 × 農民 × 住職 の異色のコラボレーション。

一見の価値あります。残席数名となりました。お申し込みはお早めにどうぞ。

詳細・お申し込みは こちら からお願いします。

image2.png

牧歌的な秋の戸隠の午後。刈草集め完了!

農業講座を受講された皆さんと100%天然資材由来の堆肥を仕込みました。敷地・圃場内の刈草、カキ・モミジ・カヤ・ケヤキの落ち葉、キノコの廃菌床などをミックスさせ山積み。

IMG_5655.jpeg

自然環境下の反応で自然原料を発酵させ、極上の堆肥にしていきます。

生命の多様性と階層性と拡張性の推測と実践が鍵。

「天然資源由来の堆肥が健康と美につながります」

と言われても???と思う方が大半でしょうが、、、

微生物の健康は土の健康へ、土の健康は育つ野菜の健康へ、野菜の健康は食べる人間の健康につながっていきます。

この論理的プロセスを現場体験を踏まえ、なるべくわかりやすく微生物学や植物生理学の専門知識を交え、受講者にお伝えさせていただいています。

頭で概要を理解し、現場で手と足を動かし、カンとコツも活かし、五感での体験を深めると、それはもう感動的な世界なんです。

全員で感動しながら作業を一緒に進めました。

IMG_5592.jpeg

IMG_5603.jpeg

こんな泥臭く時間のかかる作業がベースにあるから、正直な話し、自信と手応えにもつながっていきます。

見た目だけなら何とでもできますからね。

でも、それでは本当の実力は養われません。

例えば叩き上げの人達が集うコミュニティーに参加して、小さく隅っこに追いやられたくない自分がいますから。

こんなこと意味あるの?

という基礎を徹底して積み重ねていきます。

3年、5年と続けていくのが本当に面白い。生命力を養い続ける動作ほど贅沢なことはありません。

でも、全然まだまだですね。

科学者には理詰めでは遠く追い付かず、熟練農家には手練れでは歯が立ちません。

日々、鍛錬と行動あるのみです。

農業講座 座学で知識を高め、実習で感性を刺激するプログラム

SHARE

ここのえ店主 水谷 翔

ここのえ店主水谷 翔

長野県北部戸隠で花豆栽培を中心とした農業を営みながら、農業体験ができる農家民泊、自家菜園や近隣の地区で採れた地のもの、旬のものを使った農カフェを運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

ここのえ

〒381-4102
長野県長野市戸隠
豊岡327