ここのえブログ

ヒュギエイアの壺さといのオアシス

【ウェブサイト新設オープン!】「THE KOKONOE Seasonal Recipe」(四季のレシピ)

2020/06/06

AGRICULTURE SIDE

2020/06/062020:06:06:10:14:17

【ウェブサイト新設オープン!】「THE KOKONOE Seasonal Recipe」(四季のレシピ)

先月末、THE KOKONOEのレシピサイトが新たにオープンしました。

アメリカに旅立つ前から温めていたプロジェクトでしたが、途中訪問したバークレーでの経験も取り入れて。

というのも、バークレーで繋がった方々が当店のサイトを見てくださって、「きれいなホームページだね!英語のサイトはないの?」「SNSに掲載していた料理はなんていう料理なの?レシピを教えて欲しい」との数々の言葉をいただき、当初は日本語だけで考えていたレシピサイトを英語でも表記することにしました。

そして、材料の計量は、カップや匙では国によって異なる為、ユニバーサル対応で、グラム表記にすることに。

レシピを作る側として、自分で言うのもなんですが、かなりハードルを上げました。。。

(レシピの再現性のハードルは、上げてないです。)

サイトの名前は、「THE KOKONOE SEASONAL RECIPE」(THE KOKONOE 四季のレシピ)。

四季がはっきりしていて、豊かな日本。
季節と旬・地の物・郷土食・伝統食・発酵を意識したお料理が当店のテーマであり、私が目指しているお料理でもあります。それを季節ごとにご紹介しています。

人間は自然から生まれた生き物。
季節を無視してお料理は作れないと思っています。
何よりも、季節の旬のものをいただくと元気になる!という実感は多くの方が持っているのではないでしょうか。
こういった季節を意識したお料理を作って食べることが、環境と調和し、心身の健康へつながる道の一つではないかとも常々感じています。

このサイトの構築中に、新型コロナで外出自粛となりました。


多くの方が1日3食ご家庭で作らなければならない状態に直面したかと思います。
何を作ろうか迷ったり、レパートリーを使い切ってしまい困ったり。

しかし、スーパーの棚や通販で、小麦粉やバターが品切れになったと耳にしました。
それは、自分で作る料理やお菓子の良さや大切さ、楽しさに気づいた証なのかもしれません。

こんなことになるならお料理を学んでおけばよかったと思う方も、もしかしたらいたかもしれません。

みんな大変だったと思いますが、with コロナの新しい生活の中で、不幸中の幸いで、食のあり方にも気にかけてくれた方が増えたのならばいいなと思っている節も正直あります。

今後の生活の中で、

ちょっと今日は自分のために、家族のために、何か作ってみようかな?

と思った時に、アイディアとしてお役立ていただければ幸いです。

もし、作ってみて気に入ったレシピがありましたら、THE KOKONOEのレシピをご紹介いただければ嬉しいです。

レシピは、THE KOKONOEのシェフを務める私と、代表の2人で主にご紹介しますが、様々な方とのコラボレーションも考えています。
また、微生物の世界を探求している代表が紹介する発酵食品のレシピを私も期待して楽しみにしています。

このサイト開設に伴い、常に新しいお料理・新しいことにチャレンジ・クリエイトし、アップデートする精神を持ち続け、前進と変化を目指して邁進したいと思います。
そしてもちろん、先人達が築いてきた伝統をリスペクトし、交えながら温故知新の精神で。

千里の道も一歩から。

どうぞよろしくお願いします。

SHARE

ここのえキッチン 水谷 江希

ここのえキッチン水谷 江希

戸隠で農家民泊とレストランのキッチン担当。自家菜園や地域の安心安全・新鮮な旬の野菜、少しの動物性食品を使用し、バランスのとれた「地球食」のリアルフードを提供させていただいております。自家製発酵食品や伝統食も勉強しながら実践中。このブログでは、食と健康に関する内容を掲載しています。

ここのえ

〒381-4102
長野県長野市戸隠
豊岡327