ここのえブログ

地に響くEARTH RESONANCE

【世界の風に当たる〔Part1〕】米国バークレーはこんな街です

2020/03/11

MACROBIOTIC SIDE

2020/03/112020:03:11:11:21:34

【世界の風に当たる〔Part1〕】米国バークレーはこんな街です

日本から約20時間かけ、米国カリフォルニア州のバークレー(Berkeley)に来ています。

サンフランシスコ国際空港(SFO)からタクシーで約20分のTravel Lodge&Hotelに滞在しています。

予定日数は5日。短い間ですが、吸収できることは全部吸収し、日本に持ち帰りたいと思います。

今回はバークレーの街を紹介です。

なぜバークレーなのか?

バークレーに来た目的は「3つの世界水準」を体験するためです。

1.超有名レストランChez Panisse(シェパニーズ)に行く
2.ヨセミテ国立公園の地球上で最大規模の生命体ジャイアントセコイアに会いにいく
3.カリフォルニア大学バークレー校に足を運ぶ

大学院での勉強&研究がひと段落し、私達KOKONOEのNEXT STEPのため、世界の風に触れようと思ってのことです。

バークレー地図.png

カリフォルニア大学バークレー校から出ていた論文

私が信州大学院でのジャーナル(雑誌会)発表で初めて選択した論文が、カリフォルニア大学バークレー校の植物学&微生物学の部門から出されたものでした。

2018年 Nature誌に掲載された「Novel soil bacteria possess diverse genes for secondary metabolite biosynthesis」。分子生物学や遺伝学を学び始めて数ヶ月くらいの頃だったため、用語や理論の基礎理解も曖昧な状態なまま辞書を片手に苦しみながら全訳していたのを今でもよく覚えています。

なので、印象が他の論文より強く記憶に残っています(笑)。

その苦しみのお陰もあってか、人間・植物・微生物の生体機能として不可欠な代謝産物の生合成のメカニズムの理解や、遺伝子発現のコンピュータ解析(オミックス解析)に関心が高まり、現場感覚にも結びついて行き、農業の楽しみが一層深まりました。

そんな忘れられない論文を出していた大学であったため、いつか足を運んでみたいと淡く思っていたら、意外にも早く叶いました。

バークレーはこんな街

日本人の感覚から簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

○カリフォルニア大学バークレー校(UCB)がある

○ソフトバンク創業者の孫正義さんが学生時代UCBで過ごした

○西海岸にありアジア圏と一番近い州

○国際都市のため雰囲気がひらけている

他には、ネットでバークレーを調べると仕事をしている日本人の方は「全米一リベラルな街」と書かれていました。

バークレー散策


THE NORTH FACE


日本でも大人気のアウトドアメーカー THE NORTH FACEはバークレーが創業の地だそうです。

アウトレットショップがあり、ノースフェイスの服を来ている人をチラホラ見かけました。

ロゴマークはカリフォルニア州の東部のヨセミテ国立公園のハーフドーム(巨大な花崗岩のドーム)がモチーフだそうです。

1970年代初頭には、20世紀のレオナルド・ダヴィンチと称されるバックミンスター・フラーとの鮮烈な出会いがありました。「人類は地球のために成功するようにデザインされている」とフラーは言います。自然と宇宙の関わり方が直視されている今、"デザインサイエンス"の概念に触れていただくために"DO MORE WITH LESS"展は開催されました。次の世代に正しい自然との関わり方、人との関わり方、ものを大事にする気持ちを伝えて行くこと。それがTHE NORTH FACEのミッションです。(自然と共に歩んできた、革新と冒険の40年/YEARS OF THE NORTH FACE

ショップに入ってみました。

IMG_0316.jpeg

サンプル品までふくめ品揃えは抜群。

価格は日本の半額以下くらいで、かなりお値打ちな感じです。

IMG_0319.jpeg

創業から現在までの歩みがディスプレイされていました。

街の一画で小さくレンタルショップを開始したのが始まりだそう。

どんな巨大な企業でも最初は誰も知らない無名からスタートするのが普通。

勇気をもらえますね。

IMG_0317.jpeg


Amazon 4-star


IMG_0272.jpeg

日本で見かけることがないAmazonの路面店。

AI利活用のAmazon Goと比較され、話題になった日本の大宮駅の無人キャッシュレス店舗は記憶に新しいですが、こちらはAmazonのジャンル別のベストセラーの商品のみを取り扱っているショップで、店内スタッフさんが数人いる有人店。

スタイリッシュでスタンダードなお店という印象です。

電化製品、パソコン、書籍、インテリア、雑貨、日用品、スマホ関連など種類は多岐に。

私が日頃Amazonにアクセスしている時に目にしたことがある商品も何点かありました。

ネットが優勢な社会に以降している現代ですが、実際に目で見て、手にとって確かめると、リアリティが増して購買意欲が高まるのは間違いないですね。

IMG_0285.jpeg

IMG_0286.jpeg


オシャレなCafeやパン屋と園芸店


初日のモーニングはこちらのM cafeへ。

アメリカ到着後、最初のコーヒーを美味しくいただきました。

店内も店員さんも明るい雰囲気でした。

IMG_0281.jpeg

IMG_0277.jpeg

次はカクタス(サボテン)ショップへ。

日本で見たことがないようなサボテンが沢山ありました。

こんなお店が近隣にあれば、毎週通ってしまいそうです。

ショップの店員さんによると日本人観光客が直接購入したサボテンを日本に送ったことがあるそうです。

IMG_0307.jpeg

IMG_0311.jpeg

バークリーの人気パン屋さんAcme Bredへ。

アップルパイの生地がサックサクでとてもおいしかったです。

スタッフさん達も明るくてエネルギッシュ。人気の理由がわかります。

IMG_0356.jpeg

IMG_0360.jpeg

IMG_0363.jpeg

【PR】"無農薬野菜作りを楽しむことが出来る" 都会で農業をされたい方へ

菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

SHARE

ここのえ店主 水谷 翔

ここのえ店主水谷 翔

長野県北部戸隠で花豆栽培を中心とした農業を営みながら、農業体験ができる農家民泊、自家菜園や近隣の地区で採れた地のもの、旬のものを使った農カフェを運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

ここのえ

〒381-4102
長野県長野市戸隠
豊岡327